イタリア通貨(€ユーロ)の準備

イタリア旅行では円をユーロ€に両替して持っていかなくちゃならないのですが、日本円をどこでユーロに両替するのか?

面倒なので結論から言います!

現金で持っていくユーロは10万円分くらいを三菱UFJ銀行で両替して持っていきました。使える場所であれば海外専用プリペイドカード やクレジットカードを使い、現金支払いは抑え目にしたところ、手元に余った現金はこれだけです。

20ユーロちょっと。これも帰りの空港でいらないもの(お土産用チョコ等)を無理して買って、残った現金です。

それを踏まえて、見たい方は以下へどーぞ!

両替 円 ⇒ イタリア ユーロ

イタリア旅行中に現金で買い物をしたり、食事をする時には、当たり前ですがイタリアの通貨「ユーロ」が必要なのですが、聞くところによると、イタリアはスリや置き引きも多いっていうので、旅行中はあまり現金を持ち歩きたくないかな。

できれば現金は少額で行きたいところです。

その上で、そもそも、いくらくらいの現金をユーロで持っていった方がいいのか? クレジットカードやプリペイドカードはどうなのか?も含めて考えて(調べて)みました。

ハワイに行ったときには成田空港で両替するのが一番いい(両替レート)と友人から聞いていたので、成田空港でろう替えしていったのですが、あとで調べてみると、そうでもないことが判明!という経験もあるし…。

今回はもう少しちゃんと調べて両替しようと思って色々とみたところ、外貨への両替方法や他の支払方法をまとめると以下のようなパターンがあるようです。

  1. 日本の銀行や両替屋さん
  2. 日本の空港の銀行や両替屋さん
  3. イタリアの空港の両替所
  4. イタリアの空港のATM
  5. イタリアの街にある両替所
  6. イタリアの銀行のATM
  7. FX口座を利用
  8. クレジットカード
  9. プリペイドカード

どこで替えても手数料がかかるのは同じです。ただ、調べてみると手数料は結構違うみたいです。手数料だけでみるとFXが一番お得なようですが、そもそもFX口座を持っていないし、口座を開設するのも時間がかかります。その後でFXをやる気もないし。。なので、今回はFX口座の開設はしません。

じゃあ他はというと、調べれば調べるほど「わからない」。書いてある事がサイトで違います。ただ、言えるのは、日本の銀行や空港での両替は「お得でない」みたいです。さらにイタリアについてからの両替は、場所を探したり、言葉が通じなかったりという不安が大きくて、時間の上でも却下かなー。

FX以外で手数料が少なかったのが銀行。しかも三菱UFJが一番安い手数料で両替することができるようです(この時点では)。「ユーロ€ パック」というのが用意されていて、200ユーロをパックにしたものが銀行内のATMで両替出来るのです。ただ、どうかと思うのはパック内容が決まっちゃっている。(パッケージの中には50ユーロ、10ユーロ、5ユーロ札の組み合わせで200ユーロ分が入っている)

できれば一番使いそうな20ユーロがたくさんあった方がイイと思っていたので、暇を見つけて三菱UFJ銀行外貨両替専門コーナーへ直接行って両替してきました。50、20、10、5ユーロ札を組み合わせて、日本円で75000円くらい。足りるか足りないかは行ってみないと分かりませんが・・・^^;

現在のレートはインターネットで調べてみると「1ユーロ 約130円」。かなり前のレートで2012年は100円前後だったようです。その時と比べてかなりの円安になってしまっていますね。○○ノミクスを恨みます・・。

結論としては、現金支払い以外は、一番手数料が安くて役立ってのはプリペイドカードでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする