イタリア事情を調べてみました!

イタリア旅行で行く場所の状況などを調べてみました。

イタリアへのアクセス

日本からイタリアに行くには直行便だと成田空港と「ローマ」「ミラノ」「ベネツィア」の3都市を結ぶ便があり、現在は日本の航空会社は出ていなく、アリタリア航空のみ直行便が出ているようです。直行便だと12時間~1時間。

途中乗り継ぎだとドイツのフランクフルトやミュンヘン、フランスのパリ、アムステルダム等で乗り継いでいく方法もあり、こちらはアクセスも豊富ですがプラス1~2時間(さらに、乗り継ぎ待ち時間)がかかります。

今回の旅行は「格安旅行」なので、ミュンヘンで乗り継ぎ、ミラノにつく予定です。ドイツの航空会社ルフトハンザ航空でミュンヘンまで11時間。ミュンヘンで1時間30分の待ち時間があって、その後1時間ちょっとでミラノなので、合計14時間くらいかかってようやくイタリアの地に着くという感じでしょうか。でも、14時間もエコノミー席ってどうよ?大丈夫かな?

ちなみに時差は-8時間。時差ボケもちょっと心配。

イタリアの気候とか

温暖で雨が少ない地中海性気候で、四季の区別がはっきりしています。ローマと東京の気温は年間を通じてほぼ同じですが、イタリアでは夏は日差しも強く乾燥し、冬に比較的雨が多くなります。

細長い形をしたイタリア半島は、南北で気候に差があります。北部はアルプス山脈があるため、冬は寒く、夏は適度な湿気があります。中央は比較的温和な気候で、夏と冬の差も北部に比べると少ないです。ただ、フィレンツェなど盆地の街では、夏場は多少蒸し暑くなります。南部や諸島部の冬は、それほど厳しくなく、春と秋は、イタリア北部の夏に近い気候です。

イタリア政府観光局(ENIT)公式サイトより

まとめると、気温自体は日本と同じ感じだけど、夏は乾燥していて冬は雨が多い。ってことは湿度は日本と逆ってことですね。今回行くミラノやベネツィア、フィレンツェ、ローマの冬の最高気温は8℃~13℃くらいで、まあ日本の関東から九州と同じくらいと考えて良さそうです。

ということは、服装は日本にいるままでいいってこと?

外を歩く時間も少なくないようなので、コート(ダウンジャケット)、マフラー、手袋、インナーはヒートテック(笑) そして、ホカロンは持っていきたいと思います。足元は石畳が多く冷えるから、歩き易くて暖かい靴もですね!

ヒートテックの山!

準備万端でイタリアへ向います^^

イタリアの通貨

イタリアの通貨は「ユーロ€」

通貨単位はユーロ€(euro)とセント¢(チェンテージモ centesimo)

紙幣は€500、€200、€100、€50、€20、€10、€5。
硬貨は€2、€1、50¢、20¢、10¢、5¢、2¢、1¢。

レートは変動があるので何とも言えません。

ユーロになる前は「イタリア リラ」だったそうですが、現在は€ユーロが使われています。

イタリアの治安は?

日本は治安がいいってよく言われますが、ハワイ以外行ったことがないので(ハワイでおっかない目には全く合いませんでしたし、治安イイんでしょうね)、イタリアはどーなんでしょう?

外務省のHPでみると危険度は低いものの、スリや置き引き、車上荒らし、ひったくり、ニセ警官等による被害は都市部でも多くあるようです。凶悪犯罪は少ないようですが、注意せねば!です。

イタリアの食べ物

食べ物はもう言うまでもなく日本人の口にピッタリ合うでしょう^^ パスタやピザは大好きですし、ワインも大好き!今回の旅行の目的の一つは「イタリア料理」と言っても過言はない!(いや、これが半分以上を占めてるかもです)

ミラノカツレツ

ローマピザ

フィレンツェTボーンステーキ

イタリアワイン!

他にも美味しいものをたーくさん食べて飲んできましたので、またあとでゆっくりご紹介していきます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする