イタリアのコンセント・電圧変圧器

イタリアのコンセント

イタリア旅行で絶対に必要なものの中に「電源の確保」があります。

これは前もって準備して、忘れずに持っていかなくちゃイケナイ。

スマホにしろ、デジカメにしろ、ドライヤーやヘアアイロン、電気シェーバー、PC、スマホ用バッテリー、アイコス・・。

イタリア旅行に(限らず)電気製品は無くてはなくてはならない存在なのですが、コンセントから電源をとるにしても、バッテリーに充電するにせよ、コンセントに電源プラグを接続しなきゃならない。ところが、コンセントの形状やコンセントにきている電気の電圧(Vボルト)って、国によって違うみたいなのです。

コンセントプラグの形状が違えばコンセントに差し込めませんし、さらに、100V用の電気製品に220Vの電圧がかかっても、電気製品が壊れてしまうかもしれない。なので、海外旅行の時は、行先の国のコンセント形状と電圧を確認して、それにあった電気製品とコンセントプラグ、変圧器が必要になります。

調べてみると、日本はA型という形状のコンセントで電圧は100V(または110V)。イタリアはC型のコンセントで電圧は220Vとのこと。

ぜんぜん違うやん!どーすんの?

電圧は、製品や充電コードの裏側(取説にも)に小さな字で書いてあるので、それを確認します。すると、スマホの充電コードもデジカメの充電コードも、持っていく電気製品のほとんどが200Vに対応していました(充電器等の裏に「100-240V」なんて書いてあれば変圧器が必要なく使えるみたいです)ので、今回の旅行には変圧器はなくても大丈夫でした。

ただ、我が家のドライヤーだけは220Vに対応していないようで、これどうしようかと思ったのですが、とってもラッキーなことに、今回イタリアで泊まるホテルは全て部屋にドライヤーがついていると(JTBに聞き)いうじゃありませんか!ということで、いちおうドライヤーは持っていきましたが、(値段の高い)変圧器は購入しませんでした。

でもねー。コンセントプラグの形状だけは、どうにもならないので、イタリアへ行く前にアマゾンでA型⇒C型に変換するプラグを2個購入して持っていきました。

これは、A型⇒C型(イタリアのコンセント形状)の変換プラグで、つなげられるコンセントは1つだけのものです。

下のは、A型から色々な形状のプラグに変換できる変換プラグ(もちろんC型にも)、同時に3個の電気製品がつなげられる(たこ足配線とも ^^;)タイプのものです。

変換プラグは1個だけだと、家族3人で取り合いになってしまうと思い、2種類を
買っていったのですが、やっぱり2つ持って行って正解でした。

1つはスマホ3台の充電に!

もうひとつはデジカメの充電に。

みたいな。。

ともかく、2台とも大活躍 ^^v

でも、ホントは下の3台つなげられるタイプのものを2個持っていくのが正解だったと思います(家族3人で必要なものをと考えればです)。

ともかく、イタリア旅行には電源変換プラグは必須です

持ち物に入れ忘れないように! ^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする